今年はコロナ禍ということもあり、熱を出して家族や職場・学校などに迷惑をかけたりしないためにも、例年以上に風邪やインフルエンザに注意していかなければいけませんね。

 

インフルエンザウイルスの予防にワクチンの接種、手洗いうがいやマスクの着用を気をつける人は多いと思いますが、歯みがきもインフルエンザの予防に効果的だということは知っていましたか?

 

 

インフルエンザウイルスはのどの粘膜などにくっついて細胞内に入り込もうとします。粘膜にくっついている状態ではまだ感染していません。そこから細胞内に侵入・増殖を繰り返して「感染できるだけのウイルス量」を超えてしまうとインフルエンザウイルスに感染してしまいます。ウイルスを完全に防ぐことは難しいので、侵入・増殖される量をなるべく減らしていくことが重要になります。

 

どうして歯みがきがインフルエンザの予防に効果的なの?

 

インフルエンザウイルスは「ヘマグルチニン」という酵素の力で細胞内に侵入するのですが、歯周病菌の出す「プロテアーゼ」という酵素がヘマグルチニンを活性化させてしまいます。

 

つまり、

歯みがきをする

歯周病菌が減る(プロテアーゼが減る)

ウイルスが細胞に侵入しにくい(ヘマグルチニンが活性化しにくい)

インフルエンザウイルスの感染予防になる

ということですね。

 

日本歯科医師会HP

 

インフルエンザ予防に歯みがきが大切なのは分かってもらえたと思います。しかし、なんとなくテレビでも見ながら歯をみがくなんてことをしていると、みがき残しがあったり毎日みがいていても十分な効果を期待できません。かかりつけの歯医者さんなどで歯みがき指導をうけて正しい歯ブラシの当てかたを身につけましょう。

成人の8割以上が歯周病!?

 

平野レミさんがウイルスに負けないための”歯磨き”の大切さをテンポよく紹介してくれています。

「こんな時期だからこそ歯磨きが大事!」国民向け動画

 

定期的・専門的な口腔ケアと日常の正しい歯みがきで、インフルエンザの発症を10分の1程度まで減らせるという研究結果も発表されています。インフルエンザの流行りだすこれからの時期も正しい口腔ケアで健康に乗り切りましょう。

 

当院ではかみ合わせについての無料相談も行っております。

頭痛・肩こり・首こり・腰痛など、かみ合わせが原因かもと思ったら一度ご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-11-55-99

ホームページは青木歯科医院HPから

青木歯科医院